さんさんネットからのお知らせ

さん・さんネットとは

 平成17年3月11日に「千曲・坂城福祉支援ネット」が設立され、この会は、障がい当事者・家族・事業所・関係機関・一般市民が共同し、点と点を線でつないで、面で支え合っていきたいという主旨で組織されたものです。

 この支援ネットを構成する部会の中に、「さん・さんネット部会」というものがあり、千曲・坂城地域の障がい児(者)に関わる10団体が共同で、障がい児(者)の余暇支援を行っています。平成17年度から平成18年度にかけ、県の障害児社会参加促進事業の委託を受けました。

 平成20年度以降は千曲・坂城地域自立支援協議会のさん・さんネット部会として事業を実施しております。

さん・さんネットのめざすところ

さん・さんネットの『さん・さん』は、英語のSun(太陽)、おとうさん、おかあさん、社会参(さん)加のさんからとり、明るく家族ぐるみで社会参加をしていきましょうの意味があります。

さん・さんネットの目的

 さん・さんネットは、県の障害児社会参加促進事業を受け、千曲市、及び坂城町在住もしくは近隣市町村に住んでいる方を対象に、土日や長期休暇において、スポーツ・レクリエーション活動等、余暇支援を中心に実施し、障がい児・者の社会参加の促進を図るとともに、送迎サービスや療育相談を合わせて行い、介護者の支援も図ることを目的としています。

H29年度さん・さんネット企画


ダウンロード
H29 9 17 スポーツ交流会.pdf
PDFファイル 45.2 KB

ダウンロード
さん・さんH29企画(共通参加申込書).pdf
PDFファイル 192.3 KB